コーヒーとはちみつと私

【コーヒー&はちみつペアリング研究家】普段、私がコーヒーとはちみつをどんなふうに楽しんでいるかご紹介させて頂きます。

【中田屋さんのきんつばとコーヒー】金沢市東茶屋街をぶらり

久しぶりに金沢に行ってきました。金沢市自体は昨年も行きましたが、市街地に行ったのは2~3年ぶりです。

以前より、外国人観光客が増えたなという印象を受けました。

 

知人から、甘いものが好きなまっちゃんに金沢に行ったら是非食べて欲しいものがあると聞いていたのが中田屋さんのきんつばです。

 

中田屋さんのきんつばが食べたい!!

 

そんなこんなで、中田屋さんのきんつばを食べてきました。

 

金沢市 東茶屋街をぶらり

東茶屋街を流れる浅野川。風情があります。

 

コロッケ専門店。めちゃくちゃ美味しそうです。お客様が並んでられました。

 

金沢と言ったら金箔ですよね!金箔のお店も多いです。

 

こちらのお店に入ると金箔入りのコーヒーも販売していました。

 

コーヒー屋さんも結構あります。コーヒーの1杯当たりの価格は都道府県別で石川県がもっとも高いそうです。

 

こちらは「べろべろ金箔」。べろべろという寒天を使った金沢の郷土料理があるそうです。

recipe.bioweather.net

その「べろべろ」のぷるんとした感じを真似て作った金箔入の石鹸です。触らせていただきましたが、めちゃくちゃ気持ちいいです。

 

能登半島の魚醤「いしる」も売っていますね。「いしり」というのもあるのですね。

 

昆布の小部屋。

 

中田屋

創業は昭和9年です。創業80年以上の老舗ですね。

www.kintuba.co.jp

 

中田屋のきんつば

f:id:akatra164:20180413210127j:plain

艶やかでふっくらとした大納言小豆の厳選。うっすら薄焼きの皮としっとり一体化する餡の炊き具合、さらりとした甘さを引き立てる塩加減。[きんつば]は簡素な菓子ながら、中田屋の技のすべてを語ります。 大粒の、そして皮が軟らかく粒ぞろいの北海道・大納言小豆を選び粒をつぶさないよう、じっくりと煮あげます。砂糖と寒天を加え、小豆の風味を引き出した餡を舟に流して四角く切り分け、薄衣をつけて一つひとつ丁寧に仕上げました。 ※夏は冷やしてもおいしくお召しあがりいただけます。

 

www.kintuba.co.jp

 

中田屋 東茶屋街

今回、訪れたのは東茶屋街店です。

f:id:akatra164:20180413210332p:plain

f:id:akatra164:20180413210406j:plain

■中田屋 東山茶屋街店
  ・住所    :〒920-0831 石川県金沢市東山1丁目5番9号
  ・営業時間 :午前9時~
  ・電話番号 :076-254-1200

www.kintuba.co.jp

 

 

ぶらぶら歩いていると「きんつば」の文字を発見!!

f:id:akatra164:20180413211355j:plain

 

建物の雰囲気もいいですね。

f:id:akatra164:20180413211417j:plain

 

カフェは2Fにあります。

 

抹茶にも惹かれましたが、やはりコーヒーとのセットをたのみます。

 

きんつば以外にもスイーツがいっぱいあります。

 

そして恋い焦がれたきんつばちゃんの登場!

 

しっかりとした小豆の粒にハートを鷲づかみされます。

よく粒あん派かこしあん派かという議論が起こりますが、断然私は粒あん派です!

もう、幸せです♪

甘さ加減が控えめです。コーヒーも結構美味しいです。

 

きんつばを食べる前にコーヒーを一口飲んだ時は、もう少しボディがしっかりしたコーヒーの方がいいんじゃないかなと思ったのですが、きんつばの甘さ加減にちょうどいいコーヒーです。

 

きんつばとコーヒーのセット「573円」で、めちゃくちゃ幸せな気分を味わえました。

 

金沢に行く機会がありましたら、中田屋さんの東茶屋街店は要チェックですよ!

 

最後まで、読んでいただきありがとうございました。