コーヒーとはちみつと私

【コーヒー&はちみつペアリング研究家】普段、私がコーヒーとはちみつをどんなふうに楽しんでいるかご紹介させて頂きます。

【RMTC2019中部チーム】のミーティング&カッピングに参加しました

f:id:akatra164:20190812101951j:plain

全くの部外者なのですが、2時間ほど「RMTC2019中部チーム」のミーティングとカッピングに参加させていただきました。

 

SCAJ(日本最大のスペシャルティコーヒーのイベンント)で、こういった大会があるとは知っていました。

 

ですが、普段コーヒーの焙煎をすることがほとんどない私にとっては縁遠いものだったこともあり、その内容すらよくわかっていませんでした。

 

だいたい「RMTC」って何なのでしょうか。

 

 

RMTCとは

f:id:akatra164:20190812102854j:plain

RMTC(ロースト マスターズ チーム チャレンジ)は、焙煎人同士の交流を通じて各人の焙煎技術向上を目指すと同時に、相互の新たな情報交換やつながりを生むユニークなイベントです。参加者をエリア別にチーム編成し、チームワークによる焙煎と検証を繰り返すことで、課題豆のポテンシャルを最大限に引き出した最高のスペシャルティコーヒーを作って頂きます。
イベント当日は各チームが焙煎したコーヒーを、フレーバープロファイルのみ表示し、どのチームの焙煎かは隠したブラインド(目隠しの状態)で、来場のお客様に試飲していただきます。お客様には単に「美味しい」ではなく、「表示されたとおりのフレーバープロファイルがあり、且つ美味しい」コーヒーを選んでいただき、投票によって上位3チームを表彰します。

その後、上位のチームには、今回のコーヒーを仕上げるべく構築した焙煎テクノロジーについて、来場のお客様にわかりやすくプレゼンしていただきます。 

チームはエリアで「北海道・東北・関東・中部・北陸・中四国&関西・九州」の7チームとなります。

 

その7チームから提供されたコーヒーを試飲し、提出されたフレーバープロファイルと一致しているかを考慮しSCAJの一般来場者のブラインドによる投票によって上位3チームが選ばれます。

 

「美味しい」と感じてもらえるだけでなく「フレーバープロファイルと同じだ」と思ってもらう必要があります。

 

フレーバープロファイルと同じだと思ってもらうためにはキャラクターが立ったものを作ることがいいのかなとも思いますが、それだけでは上位3チームに選ばれることは難しいかなと思います。

 

SCAJに来場される方は、もちろんコーヒーが好きな方が大半だと思います。

 

何十年と自家焙煎店を経営している人。ロースターで働いている人。コーヒーに最近興味を持ち、夏休みを利用して行ってみようと思った学生。それ以外にも色んな人達がいると思います。

f:id:akatra164:20180921130259j:plain

 

作年は「Professional」というテーマで開催されました。今年のテーマは「Innovation with Hospitality」です。

 

このテーマの違いがRMTCに出るのかはわかりません。

 

テーマを頭に入れるなら”新しい切り口で来場者の方をもてなす”といいにかなと思います。

 

言うのは簡単なのですが、それを焙煎・コーヒーで表現するとなると難しいですね。

 

作年「RMTC2018」で優勝した関東Aチームの方は作年のテーマ「Professional」を考え、ロースターの仕事は普段コーヒーを飲んで下さるお客様のおかげで成り立っているので、そのお客様が美味しく長く飲んでくれるコーヒーを目指したそうです。

 

通常のカッピングで高得点を狙ったものでなく、一般の消費者の方々にとって美味しく飲むことが出来るカップを目指したそうです。

 

「RMTC2019中部チーム」のミーティング&カッピング

ç»åã«å«ã¾ãã¦ããå¯è½æ§ããããã®:7人ã座ã£ã¦ã(è¤æ°ã®äºº)ãç«ã£ã¦ã(è¤æ°ã®äºº)ã室å

※堀さん、写真お借りしました。

 

スタートしてRMTCのルールの詳細を聞けば聞くほど難しいなと感じてきました。

 

当日はフレンチプレスで抽出するそうです。

 

豆の使用量と湯量は決まっています。ディッティング・コーヒーグラインダーを使って挽くそうですが挽目(メッシュ)はわかりません。

 

お湯の温度もよくわかりません。

 

その他、細かいところでわからないところが結構多いです。

 

これは、競技者として参加する方は大変だなと思います。

 

ミーティング、カッピングのスタートくらいまで参加させて頂きました。

 

わずかな時間の参加でしたが「RMTC」の意義は大いにあるなと感じました。

 

なかなか、普段近くにいながら他の自家焙煎のオーナーやロースターとそんなに多くの関わりを持つ方は多くないのではと思います。

 

地域や業種の枠を超えて交流、意見交換をすることで焙煎技術の向上やヒントに繋がればと思います。

 

SCAJ2019の開催概要

f:id:akatra164:20190812111456j:plain

開催日   2019年9月11日(水)~13日(金)10:00~17:00(最終日は16:00まで)
会 場   東京ビッグサイト 西3・4ホール

入場料   ・一般:1,500円(税込)
      ・事前登録:1,000円(税込)

 

今回、紹介しました「RMTC2019」は【2019年9月13日(金)  13:00 ~ 16:00】の開催で場所は東京ビッグサイト SCAJカンファレンス内イベントステージBとなります。

 

私は、SCAJ期間中は長野で山ごもりをしているので残念ながら行くことが出来ません。

 

ちなみに今、このブログを書きながらRMTC2019中部チームの方がテスト焙煎されたコーヒーを飲んでいます。私には、かなり美味しいと感じます。

 

今年も盛り上がり、RMTCでは中部チームが上位入賞することを応援しています。

 

最後まで、読んで下さりありがとうございました。