コーヒーとはちみつと私

【コーヒー&はちみつペアリング研究家】普段、私がコーヒーとはちみつをどんなふうに楽しんでいるかご紹介させて頂きます。

【第7回はちペロ会オンライン開催しました】ゲスト 空水土coup mead・いしだじゅりさんのプレゼン編

f:id:akatra164:20200921163156j:plain

 

 

空水土のいしだじゅりさんのプレゼンです

今日は、第7回はちペロ会での、いしだじゅりさんのプレゼンをまとめました。

 

ミツバチと故郷の島根県益田市の環境保護に対する想い。

 

途中、質問も出ましたがじゅりちゃんのお話にみんなグイグイ引き込まれました。

 

良かったら昨日の「推しはちみつ編」も読んでくださいね。

 

www.coffee83.net

  

空水土coup meadのロゴ

空水土のロゴデザイン、私は大好きです。他ではあまりない感じのデザインですよね。
このデザインを見るだけで、日本の原風景を表しているのかなと感じます。
 
空水土は養蜂だけでなく農業も行っています。お米や特産品であるマコモダケの生産・販売をされています。
 
家族で行っている農業と養蜂。それらに絶対に欠かせない大切なものが「空」「水」「土」というところから作られたそうです。
 

島根県益田市ってどこ

f:id:akatra164:20200921164728j:plain

島根県益田市・三里が浜の夕日
「島根県ってどこ」との質問でよく悩まれるのはお隣の鳥取県とどちらが右か左かというのが多いのかなと思います。
 
日本地図と島根県の地図を使って益田市がどのような場所なのかを説明してくださいました。
 
私も正確な位置をしっかりと確認したことがなかったのでよく分かりました。
 
島根県の一番西の端になりすぐ西隣は山口県萩市になるそうです。
 
地図を見ていると、面積はわりと島根県の中でも大きいほうになりそうですが、かなりの部分を林野が占めているそうです。
 
北側は日本海。南側は中国山地。
 
お話を聞いているだけでも、豊かな自然環境の中で療法をされているのだなというのが伝わってきます。
 

ハイブリッド巣箱と素手

f:id:akatra164:20200921165045j:plain

ちょうどこの写真に写っているのは、ある意味ハイブリッドな巣箱だったそうです。
 
空になっていたセイヨウミツバチの巣箱に、ニホンミツバチが住み着いたそうです。
 
通常のニホンミツバチのはちみつと風味や味わいは異なるのかなと参加者の方から質問がありました。
 
残念ながら、この巣箱は採蜜する前に熊にやられてしまったそうで食べることができなかったそうです。
 
そして、この写真を出してすぐに参加者の方が食いついていたのが「素手でされているのですか」。
 
じゅりちゃんは、手がかなり小さくサイズが合う手袋がないことも理由に挙げられていましたが、恐らくご謙遜かなと思います。手袋をすることでミツバチの感触がわからなくなりつぶしてしまうことを懸念してのことのようです。
 
もちろん、ミツバチに刺された事はあるそうです。
 
じゅりちゃんのお父さんが常々おっしゃられているのは「蜂の性格は触る人による」と言う事だそうです。
 
いつも刺される人は、ミツバチの扱いが雑と言う事ですね(笑)
 

蜜源植物の紹介

f:id:akatra164:20200921165813j:plain

上手に撮れたものだけとの事でしたが蜜原植物の写真を見ながらご紹介してくれました。
 
しかも、この後みんなでぺろぺろするスティックはちみつの植物のご紹介でした。
 
ハチミツソウだけは8月頃の開花なので時期は違うようです。
 
ハチミツソウはミツバチが好きな花とも言われているそうですが、じゅりちゃんが見ている感じではミツバチはそこまで大好きな花でもなさそうとのことです。
 
左上と右上の写真はレンゲになります。
 
左上の写真にはじゅりちゃんのお父さんとお母さんとワンチャンも写っています。
 
毎年秋に、ミツバチのためにレンゲの種をまいているそうです。
 
右上の写真のミツバチの足の部分には花粉団子も見えますね。
 
上の真ん中がハチミツソウです。
 
右下はみかんの花です。周りには他にレモンなどの柑橘系の植物があるそうです。
 
下の真ん中と左はタイムです。
 
ミツバチが少しでも元気でいられるよう、巣箱の近くにはハーブを植えられるそうです。
 
今年は、タイムがすごくたくさん咲いたそうでミツバチも大喜びしていたようです。
 
タイムの花は地上10センチ位のところに咲いているそうですが、ミツバチがたくさん集まっていて近くでしゃがむとミツバチたちの羽音が響いていたそうです。
 
他には、センダンの木やヒノキ、藤にシロツメクサなどもおそらくこのはちみつに入っているのではとのことです。
 
じゅりちゃんが、愛を持ってミツバチたちに接していることがしっかりと伝わってきました。その話し方が、落ち着いて程よく抑揚がありみんな引き込まれます。
 
そして、故郷である益田市のことが大好きで、その大好きな益田市の自然環境を守っていきたいと言う思いの強さを感じました。
 
しかし、その根底にあるのは、故郷益田市で真面目に養蜂と農業に取り組んでいるご両親への尊敬の念なのではと思いました。 
 
このプレゼン中にもいくつか参加者の方から質問がありました。
 
明日は、実際にみんなで空水土のスティックはちみつをペロペロしたことと、参加者の方からあった質問のまとめをアップしたいと思います。
 

空水土coup meadのInstagramはコチラからフォローをお願いします。

 

普段、空水土のはちみつはネットで販売していませんが今だけ島根の自然を楽しむことが出来る空水土coup meadのはちみつと野草茶のセットをPARCOオンラインストアで購入出来ますよ!

kaeru.parco.jp

 
 最後まで読んでくださり、ありがとうございました。