コーヒーとはちみつと私

【コーヒー&はちみつペアリング研究家】普段、私がコーヒーとはちみつをどんなふうに楽しんでいるかご紹介させて頂きます。

ブルーボトルコーヒー 品川カフェ

2016年の秋に立て続けにオープンしたブルーボトルコーヒー。その一つ、品川の店に行ってきました。

アトレ品川の3階にあります。

 

 

 

ブルーボトルコーヒー 品川カフェ

店舗情報

東京都港区港南2-18-1 アトレ品川 3F
品川駅港南口、品川駅から194m

03-6712-8199
[月~金] 8:00~22:00 [土・日・祝]10:00~22:00

ブルーボトルコーヒー 品川カフェ (BLUE BOTTLE COFFEE) - 品川/カフェ [食べログ]

  

 メニュー 注文

メニューの写真を撮ったのでと思い、よくよく写真を見てみると豆売りのメニューでした。

 

カップ売りのメニューは撮っていなかったです^^;

 

私が好きなケニアがあったのでシングルオリジンを注文しました。

 

日本初上陸した時の清澄白河で飲んだ当時より、焙煎は徐々に深くなっているのは明らかです!

 

以前の、あまりにも極端な浅煎りはやはり日本人にはウケがよくなかったのでしょうね。

 

これはこれで美味しいのかなと思い飲み終えた後に思ったのが「コーヒーが飲みたい」でした(笑)

 

今回は、コーヒーとして美味しくいただけました。

もちろん、飲み終えた後は「コーヒーを飲んだ~」と思いましたよ。

f:id:akatra164:20180528233918j:plain

オープン直後に訪れましたが、お客さんは次から次にやってきます。さすが、東京!さすがブルーボトルですね!

 

開放的な空間に物販商品もセンス良くディスプレイされています。

 

私にはセンスが良すぎて、あまり落ち着きません。

 

お店の方に話しかけてみたのですがすごく丁寧な受け答えをして下さいました。

 

そんな中、昨年末発売されたドリッパーもありました。

マサチューセッツ工科大の研究チームと共同開発したそうですが、カリタさんのウェーブドリッパーにソックリだと思うのは私だけではないと思います。

 

top.tsite.jp

 

”ブルーボトル”ブランドであれば、こういった物販商品もかなり売れると思うので、今後も物販商品が増えてきそうですね。 

 

まとめ

店舗数も増え、消費者ニーズも掴めてきたと思いますのでもっともっと美味しいコーヒーを提供して頂けることを期待しています。

 

そして、センスのいい物販商品をディスプレーとしてうまく活用することで店舗の空間がさらにオシャレな感じになるもんだなと思いました。

 

あまりオシャレになり過ぎると、私のようなオッサンには敷居が高くなってきますが。

 

ただ、ブルーボトルコーヒーが望んでいるお客さんはオシャレな方なのかなとも思うので・・・

 

そんなことを考えると、店に行けなくなってしまうのでこのへんにしておきます。

 

 最後まで、読んで下さりありがとうございました。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ブルーボトルコーヒー ドリッパー
価格:2484円(税込、送料別) (2017/2/22時点)