コーヒーとはちみつと私

【コーヒー&はちみつペアリング研究家】普段、私がコーヒーとはちみつをどんなふうに楽しんでいるかご紹介させて頂きます。

ミツバチ

柿の受粉には野生昆虫の受粉が役立っている

柿が美味しい季節になってきます 柿の受粉には野生昆虫の受粉が役立っている 柿が美味しい季節になってきます 秋の味覚というと私の中で最近存在感が薄くなっているのが柿です。 松茸や栗、サツマイモなどに私の中では押されてしまっています。 小さい頃は柿…

まるで”海中のポリネーション” 甲殻類と藻類の関係

持ちつ持たれつ まるで”海中のポリネーション” 甲殻類と藻類の関係 持ちつ持たれつ 若い頃は、何かしらことがうまくいくと全部自分が頑張ったからだと思っていたと思います。 それがようやく、全然そうじゃないんだとわかるようになってきました。もちろん、…

ミツバチは人の顔を識別出来る

ミツバチは賢い ミツバチは人の顔を識別出来る ミツバチは賢い ミツバチは社会性の高い動物だと言われます。 セイヨウミツバチは協調性もあり規律を守ります。 そして、なんと4までなら数の認識も出来ます。 餌場に飛んでいくとき、まったく同じ3つの目印を…

「蜂から学ぶ、自然と農業の関わり」2日間お話してきました

「蜂から学ぶ、自然と農業の関わり」 試食タイム いただいた質問 「蜂から学ぶ、自然と農業の関わり」 「蜂から学ぶ、自然と農業の関わり」という素敵なテーマで、7月末石川県小松市で2日間お話をさせていただきました。 はちみつは、どうやってできるのか。…

『蜂から学ぶ、自然と農業の関わり』というテーマでお話させていただきます

ご縁 『蜂から学ぶ、自然と農業の関わり』 ご縁 最近、改めて思うのが”ご縁”の大切さやありがたさ。 ありがたいことに、色々な方からお仕事の誘いやイベントへの参加のお誘いをいただきます。 人から誘われると、「面白そうだな」と思い出かけるのですが、そ…

"週末養蜂一家”ミツバチが繋ぐ家族の絆

情操教育と生き物 情操教育(じょうそうきょういく)とは "週末養蜂一家”ミツバチが繋ぐ家族の絆 情操教育と生き物 情操教育(じょうそうきょういく)とは 感情や情緒を育み、創造的で、個性的な心の働きを豊かにするためとされる教育、および道徳的な意識や…

ワインにミツバチのマーク イタリア「アブルッツォワイン」の魅力とは

ワイン界にもサステナブルな潮流がやってきた ミツバチが目印のSQPNI認証ステッカー イタリア「アブルッツォワイン」の魅力とは ワイン界にもサステナブルな潮流がやってきた 最近、ワインの世界にも「サステナブルワイン」と呼ばれるものが出てきたようです…

生態系への影響は?「ツマアカスズメバチ」が生息地拡大

ツマアカスズメバチ 福岡にじわり広がる「ツマアカスズメバチ」 ツマアカスズメバチの特徴は ツマアカスズメバチ ブログで過去に何度か取り上げた長崎県対馬市で、10年ほど前から確認されているツマアカスズメバチ。 以前紹介した時は、対馬市の人々が何とか…

ゆったり養蜂シミュレーション『APICO』養蜂が生態系にとっていかに重要か

ミツバチや養蜂のゲーム ゆったり養蜂シミュレーション『APICO』養蜂が生態系にとっていかに重要か 『APICO』の目的 ミツバチや養蜂のゲーム ブログを毎日書くようになって5年も経ちましたので、その間何度かミツバチや養蜂に関連したゲームの紹介をしました…

地球にやさしい蜜ろうのラップ「包蜜」(つつみつ) 岐阜県大垣市 種田養蜂場

蜜蝋ラップ 地球にやさしい蜜ろうのラップ「包蜜」(つつみつ) 岐阜県大垣市 種田養蜂場 「包蜜(つつみつ)」発売まで 概要 蜜蝋ラップ 以前から、興味はあったのですが、なかなか手をつけられていないのが蜜蝋ラップを作ることです。 蜜蝋ラップを作って…

これならミツバチに刺されてもいいかも 見た人をドキッとさせるピアス

ピアス これならミツバチに刺されてもいいかも 見た人をドキッとさせるピアス 夏にぴったりな”はちみつレモン”なピアスも登場 概要 ピアス 私は過去に献血を100回以上やっていますが、いまだに注射は怖いです。 自分の腕に針が刺さっているのを怖くて見るこ…

ミツバチは「波が一切立たない湖面」の上では突然墜落する

ミツバチは「波が一切立たない湖面」の上では突然墜落する 訓練したミツバチに「湖の上を横切るコース」を飛行させる実験 実験結果から見て取れること ミツバチは「波が一切立たない湖面」の上では突然墜落する ミツバチは「波が立たない鏡のような湖」の上…

世界で初めてロボットによるイチゴの受粉の実証に成功 ハチの代替として授粉ロボットの開発強化

いちごの受粉 世界で初めてロボットによるイチゴの受粉の実証に成功 ハチの代替として授粉ロボットの開発強化 いちごの受粉 そろそろ今年もイチゴの季節は終わりを迎える頃ですね。 いちご狩りに行ったことがある人であれば、イチゴの周りをハチが飛んでいる…

ゲランの新作 リップスティックコレクション「キスキス ビー グロウ」

ゲラン ゲランの新作 リップスティックコレクション「キスキス ビー グロウ」 ゲラン 男性は「ゲラン」と聞いてもピンとこない方も多いかなと思いますので簡単にご紹介しておきます。 ゲランは1828年に、フランスパリに誕生しました。 創業以来、フレグラン…

島根県・隠岐の元教師が仲間と島に適した養蜂を確立

島根県隠岐諸島 島根県・隠岐の元教師が仲間と島に適した養蜂を確立 島根県隠岐諸島 島根県の隠岐諸島は、私の中で1度は今後訪れてみたいなと思っているところです。 www.e-oki.net 豊かな自然に恵まれ、おそらく景色は最高だと思います。 そして豊かな自然…

オーストラリアの養蜂事情 養蜂用の蜂を取り入れ200年

オーストラリア 養蜂用の蜂を取り入れ200年 養蜂用の蜂を取り入れ200年イベント ちょこっとオーストラリア養蜂事情を紹介 オーストラリア 養蜂用の蜂を取り入れ200年 日本に一時帰国していた友人が昨年末オーストラリアに戻っていきました。 私の周りには、…

熱波に襲われたミツバチは生殖器が爆発するように体外に露出して死亡する

ミツバチの減少 熱波のショックで生殖器が暴発? 巣箱を涼しく保つ2つの方法を実験 ミツバチの減少 世界中でミツバチの数が減少し続けていますが、その理由は1つに絞りきれるものではありません。 農薬や環境ホルモン、生態系の乱れなど様々な要因があると考…

これからは、ミツバチに優しい街が発展する

ミツバチの現状 世界の都市部での養蜂 パリでは ロンドンでは 緑地の拡大が必要 ミツバチの現状 今に始まったことでは無いですが、ここ何年も世界中でミツバチが減少していると言われています。 イギリスでは1985年からミツバチの数が50%以上も減少している…

3月8日は「ミツバチの日」&「ミヤビの日」 1日だけのコーヒー無料サービス

3月8日は「ミツバチの日」&「ミヤビの日」 春限定の「桜ハニートースト」 3月8日は「ミツバチの日」&「ミヤビの日」 今日、3月8日は「ミツバチの日」です。 毎年この日に合わせて、蜂蜜屋さんはもちろんいろんなイベントやセールを行います。 そういったも…

「ビヨンド100」に見るベントレーが目指すところ 水と蜜蜂、植樹の対として欠かせないもの

2021年12月14日に行われたトヨタ自動車のBEV(電気自動車)戦略に関する説明会 「ビヨンド100」に見るベントレーが目指すところ 水と蜜蜂、植樹の対として欠かせないもの 2021年12月14日に行われたトヨタ自動車のBEV(電気自動車)戦略に関する説明会 昨年12…

セイヨウミツバチ 実は「アジア出身」だった?

養蜂家に大人気「セイヨウミツバチ」 セイヨウミツバチが、実はアジア出身だった 養蜂家に大人気「セイヨウミツバチ」 国産蜂蜜の95%以上は、セイヨウミツバチが採ってくれています。 日本では、明治時代にセイヨウミツバチが輸入されるようになり養蜂が始ま…

『文庫 生き物の死にざま』働き蜂の生涯と日本のサラリーマン

生き物の死にざま 『文庫 生き物の死にざま』 生き物の死にざま 内容紹介 花の蜜集めは晩年に課された危険な任務──ミツバチ 一生かけてスプーン1杯の蜂蜜を集める 働き盛りも過ぎて終わりが近づくようになると…… 女王バチは1日数千個の卵を産む 『文庫 生き…

ゲラン2022年春コスメ“ミツバチ”モチーフの「レッドリップ」が素敵すぎる 2022年1月2日(日)より数量限定で全国発売

ゲラン ゲラン2022年春コスメ“ミツバチ”モチーフの「レッドリップ」アーカイブ着想の深みレッド 「1830 ルージュ・デュ・ティグル」 「1870 ルージュ・アンペリアル」 商品詳細 ゲラン 男性はあまり聞きなれないかもしれませんフランスの香水やスキンケア、…

化学農薬不使用!ミツバチが受粉させた、7品種のイチゴを量り売り 2022年1月5日(いちごの日)から「いちご摘み採り体験」開始!

イチゴとミツバチ 7品種のいちごを量り売り「いちご摘み採り体験」 7品種のイチゴ 期間限定で、イチゴのパック販売やイチゴを使ったカフェメニューが登場! 山田みつばち農園 いちご摘み採り体験(量り売り)概要 イチゴとミツバチ イチゴなどの作物の多くは…

人気ガチャのミツバチに雄がいない!? 兵庫県の養蜂家がガチャを監修

人気のカプセル玩具 雄のミツバチがいないガチャ 人気のカプセル玩具 ここ1〜2年、カプセル玩具が大ブームなようです。 名古屋にある専門店も、土日などはかなりのお客さんが入っているようです。 一昔前ですと、こういったカプセル玩具のターゲットは完全に…

働き方が多様化してきた今、『週末養蜂』増えています

働き方の多様化 テレワークの普及で最近増えている「週末養蜂」 沖縄の島で週末に養蜂 働き方の多様化 テレワークが進んだことで、最近本当にいろいろな働き方をしている人を見かけます。 また、それによって新しいビジネスもたくさん生まれているようです。…

世界と社会を良くしていくプロジェクトに「ミツバチとコーヒーとカカオ」

コーヒーとはちみつとカカオ ウェルフード マーケット&カフェ「imperfect(インパーフェクト)」が取り組む「Do well by doing good.」(=いいことをして、世界と社会をよくしていこう)活動 POP UP概要 「Do well by doing good.」の3つのプロジェクト 養…

絶滅危惧種のケープペンギン63羽が死ぬ 原因はケープミツバチか

ケープペンギンの大量死 ケープペンギンの大量死の原因はケープミツバチ? ケープペンギンの大量死 南アフリカとナミビアの沿岸に生息する小型のペンギン「ケープペンギン」。 体の模様や大きな声に特徴があります。 20世紀の初頭には100万羽以上が生息して…

岐阜 ミツバチがつなげる自然の営みと各地域の素材や伝説を絡めたアイスクリーム「もんでこアイス」

岐阜県大垣市上石津町上多良前ケ瀬入会の「手作り工房あめんぼ」 もんでこアイス 岐阜県大垣市上石津町・時地域にある伝説 「もんでこアイス」に使用するはちみつ 岐阜県大垣市上石津町上多良前ケ瀬入会の「手作り工房あめんぼ」 岐阜県大垣市にある「手作り…

「幸せを呼ぶ青いハチ」は幸せをを呼ぶのか ルリモンハナバチを宮城で発見

「幸せを呼ぶハチ」ルリモンハナバチ ルリモンハナバチを宮城で発見 「幸せを呼ぶハチ」ルリモンハナバチ ハチと言うと、黄色っぽいものや黒っぽいものを想像しがちですが、世の中にはいろんなハチがいます。 世界にはハチの仲間が20,000種類以上いると言わ…