コーヒーとはちみつと私

【コーヒー&はちみつペアリング研究家】普段、私がコーヒーとはちみつをどんなふうに楽しんでいるかご紹介させて頂きます。

【酷暑に食べたい絶品コーヒーかき氷】2018年5月・京都にオープンした神乃珈琲に行ってみたい

都内も40℃を超えるなど、今年の夏の暑さは半端ないですね。私も、暑さに参っている気がしているのですが食欲は一向に衰えません。

 

この殺人的な暑さから早く解放されたいですよね。しかし、天気予報を見ても当分の間この暑さは続きそうです。この週末は気持ちましなようですが・・・

 

f:id:akatra164:20180724005732j:plain

私が住んでいる愛知県は、とにかく湿度が高いです。じと~っとした暑さは辛いです。先週末、岐阜県高山市に行ってきました。天気は良かったのですが、この暑さでいつもは観光客で賑わう「古い街並み」も人通りが少なかったです。

 

京都も、盆地なので相当暑いと思います。ちょうど、昨年の今頃京都で法事があり行ったのですがかなり暑かったです。

 

京都は、老舗の喫茶店やカフェも多いですよね。そんなきょうとに、今年になってから西日本初のブルーボトルコーヒーが出店し、さらにドトールの新業態の「神乃珈琲」も西日本初出店を京都で果たしました。

 

1号店は東京の学芸大学前店です。

 

www.coffee83.net

 

2号店が銀座にオープンし、この京都店が3号店になります。

 

京都はカフェの競争も激化していますね。

 

 

神乃珈琲 京都店

f:id:akatra164:20180724002151j:plain

場所は錦市場がある錦小路通と高倉通の十字路を南に2分ほど歩いたところ。

大丸さんの東隣ですね。地下鉄「四条」駅から徒歩4分ほどでしょうか。

 

これが「神乃珈琲 京都店」の外観です。

京都の街並みに配慮した 縦の格子がついたファサード、なかなかカッコいいですね。

f:id:akatra164:20180724002308j:plain

さて暖簾をくぐって中へ。

木目調の内装、間接照明で高級感ある大人な落ち着いた空間です。

すぐに二階に上がる大きな階段があります。

入口の天井には和な照明が。

これって和傘の技術でつくられた照明だったような。結構ひとつひとつが凄いお値段だと思います。

オープンしたばかりの神乃珈琲 京都店に行ってきましたよ - 京都町家ゲストハウスひつじ庵-Guest House Hitsuji-an-

東京の店舗とは随分と雰囲気が違いますね。京都らしい”和”のテイストが強い店舗ですね。

 

神乃珈琲 京都店の場所

「神乃珈琲 京都店(かんのこーひー きょうとてん)」

【住所】京都市中京区高倉通錦小路下ル帯屋町591

【営業】8:00〜20:00

【電話】075-241-3008

【URL】http://www.kannocoffee.com

 

 神乃珈琲 京都店で食べたい”コーヒーかき氷”

 暑い京都のオアシス的なメニューが神乃珈琲京都店にあります。

夏季限定のかき氷「和三盆珈琲 コーヒークリーム付」¥1,080です。

f:id:akatra164:20180724003657j:plain

てっぺんにのせられている珈琲クリームと器を含めた高さは17cmほどで、長辺13.8cmのiPhone 7と比べるとこんな感じ。

珈琲クリームにはコーヒー豆の粉のようなものをふりかけています。

 

氷は日光で天然氷の製造販売の蔵元「松月氷室」のもの。山間から引いた湧き水を自然に凍らせたもので、削られて細くこまかくなっています。

口に入れた瞬間にとける「天然氷」と珠玉の「コーヒー」を使った神乃珈琲「天然氷のかき氷 和三盆珈琲 珈琲クリーム付き」を味わってみた - GIGAZINE

今年の夏は、かき氷はどこも例年以上に出ると思います。

 

コーヒーが欲しいけど、冷たくてさっぱりした口当たりのものが欲しいと言う時には最高じゃないでしょうか。

 

コーヒークリームも付いているので、さっぱりしているのかはよくわかりませんが濃厚なアイスコーヒーよりは、さっぱりしているんじゃないかと思います。

 

まとめ

京都には、老舗や人気のカフェ・喫茶店が多いです。それにも関わらずブルーボトルコーヒーも神乃珈琲も西日本の1号店を京都に出店してきました。

 

もちろん観光客の多さを見込んでのことだと思いますが、この激戦区でも勝負出来るという自信もあったのかと思います。

 

そして店舗の外観も内装も、京都らしさをしっかり出しています。

 

1年後・・・2年後にどうなっているのか楽しみです。

 

が、まずは、このクソ暑い夏はコーヒーかき氷を食べてみたいです!

 

最後まで、読んでくださりありがとうございました。