コーヒーとはちみつと私

【コーヒー&はちみつペアリング研究家】普段、私がコーヒーとはちみつをどんなふうに楽しんでいるかご紹介させて頂きます。

【カフェバッハに行って来ました】東京珈琲四天王の一つ田口護さんのカフェバッハでカフェシュバルツァーをいただきました

誰が言ったのか「東京珈琲四天王」と呼ばれるお店の一つカフェバッハさんに行って来ました。オーナーの田口護さんは書籍もかなり出されていますし、テレビ出演も多いのでご存知の方も多いのではないでしょうか。

 

私の本棚を見てみると1冊だけありました。

 

そして、今年2月に出された新刊はこちらです。 

ビューティフルカフェライフ―カフェ開業で豊かな人生を手に入れた55の物語

ビューティフルカフェライフ―カフェ開業で豊かな人生を手に入れた55の物語

 

 

 

東京珈琲四天王とは

何か基準があるわけではなく、四天王の名前は変わることなくずっと鉄板の地位を確立しているらしい。四天王は以下の4つのコーヒー店だ。

・南千住:カフェ・バッハ
・亀戸:珈琲道場 侍
・銀座:カフェ・ド・ランブル
・吉祥寺:モカ(閉店、現在は豆の販売のみ)

lpoooch325.work

東京珈琲四天王のお店では銀座のカフェ・ド・ランブルさんに次いでカフェ・バッハさんが 2店舗目となります。

 

オーナーの田口護氏とカフェバッハ

マツコの知らない世界」に出演した、2013年コーヒー焙煎世界選手権、第一回で優勝した後藤直樹さんが師匠と仰ぐ田口護(まもる)さん

 

田口護さんは奥さんの文子さんと1968年に「カフェ・バッハ」を開店。
カフェをオープンする前はボイラー技師だったようだ。

「カフェ・バッハ」は東京は南千住の、かつては「ドヤ街」と言われた場所にある。

 

田口護さんは類まれなコーヒーへの情熱の持ち主で、コーヒーの世界では日本国内に留まらず、世界でも有名な方だ。

以前は日本スペシャルティコーヒー協会会長を勤めていたが、現在は理事として在籍している。

書籍もいくつか出しているし、NHKの番組やためしてガッテンなど多数のテレビにも出演したこともある。

2000年に行われた沖縄サミットでは「カフェ・バッハ」のコーヒーが選ばれ出された。

私が生まれる以前からお店を営業されています。もうすぐ半世紀です。凄いですね。

 

そんな田口さんのカフェバッハに以前より行ってみたかったのですが、なかなか行けずじまいだったのですが、ようやく行けました。

 

看板が見え、近づくに連れドキドキしてきます。

 

店内の写真撮影はテーブルの上のみだそうです。

 

一緒に行った方がバッハブレンドにしたので、私はカフェシュバルツァーを注文しました。

 

バッハブレンドを飲ませていただいたのですが、酸味と苦味の調和が絶妙だと思います。そして見事なクリーンカップです。欠点豆が混入していないんだなというのを感じ取れます。

 

カフェシュバルツァーは豆の量を通常の3倍使用し焙煎度は最も深いイタリアンローストだそうです。それを、かなりの粗挽きにして抽出されるそうです。

 

砂糖とミルクは置いていないが、かなり濃いコーヒーなので焼き菓子と炭酸水で口を中和して下さいとのこと。

 

豆を3倍使ってイタリアンロースト・・・かなり濃そうだなと少しビビリつつ飲んでみました。

 

うん、確かに濃いけど全然美味しく飲める。

 

イタリアンローストのわりに、そこまで苦味を強く感じません。もちろん、酸味はほとんど感じられません。その分、コーヒーの苦味と甘味をしっかり堪能できます。

 

途中で焼菓子や、炭酸水を少しずつ頂きながら美味しくいただきました。

 

 カフェバッハさんで修行された静岡県沼津市の花野子さんの記事もよかったら読んで下さい。

akatra164.hatenablog.jp

 

カフェ・バッハ


東京都台東区日本堤1−23−9
南千住駅から徒歩10分
営業時間:8:30ー20:00
電話番号:03-3875-2669
定休日 :金曜日

HP   : 

..:: Cafe Bach ::.. カフェ・バッハ 自家焙煎珈琲

 

 

 最後まで、読んでいただきありがとうございました。